海外での銀行カードでキャッシングをする場合

海外でキャッシングを利用するというと、クレジットカードに付帯されているキャッシング枠を利用するというイメージがありますが、もう一つの方法があります。それが、国際キャッシュカードを利用するという方法です。これは、日本で開設している銀行の普通口座に日本円を入金することにより、海外のATMを利用して現地の通貨を引き出すことが出来るという便利な銀行カードです。このような銀行カードを持っていることにより、海外で多額の現金を持ち歩く必要がなくなりますし、日本にいるのと同じ感覚でお金を引き出すことが出来ます。年会費や出金手数料が無料で利用することが出来ることが多いため、使わなければお金がかかるということはありません。なお、銀行によって、換算レートが異なりますので、あらかじめ確認するようにしましょう。また、全ての銀行がこのようなカードを発行しているというわけではありませんので注意が必要です。
海外のATMの使い方は日本のそれとそれほど大きな違いはありません。カードをATMに入れ、暗証番号・引き出し金額を入力するだけです。海外のATMは様々なところに設置されていますが、注意するべきことがあります。まず、夜間や人通りの少ないところは使用しないほうが良いでしょう。ATMによっては、カードの種類によって使えないことがありますので、1枚ではなく、複数の種類のカードを持つことをおすすめします。また、カードがATMから出てこなくなるという可能性もありますので、土日の利用は避けるようにしましょう。すでに数社から借りている状況で1つにおまとめしたいときには、総量規制対象外カードローンで毎月の返済額を減らせるかもしれませんね。