専業主婦がキャッシングするには?

専業主婦がキャッシングするには?

2010年、改正された貸金業法に、総量規制が導入されたため、大手消費者金融のほとんどが本人に収入がない人の申込みを断るようになってしまったようです。しかし、専業主婦はキャッシングを利用できなくなったわけではありません。キャッシング専業主婦できる2つだけ例外があるようです。1つ目は、配偶者貸付です。2つ目は、銀行のローンです。

配偶者貸付と、銀行のローンのどちらにする?

配偶者貸付は、専業主婦のために設けられた総量規制の救済策で、夫婦であることを証明できるならば、夫婦の年収を合算した金額の3分の1以下まで借入れることができるのです。配偶者貸付を利用するための条件は、年収額を合算する2人が夫婦であること、夫に安定した収入があることです。必要書類としては、夫婦であることを証明する書類(住民票、戸籍妙本など)と、夫の同意書、夫の収入証明書(所得証明書、源泉徴収票、確定申告など)です。しかし、配偶者貸付を実施している業者は少数のようです。配偶者貸付は、通常の貸付とくらべて必要な書類が多く、業務量が増えるのに、大きな収益が見込めないため、業者にとってメリットが少ないからです。銀行のローンは、総量規制の対象外となりますので、審査さえ通ってしまえば、本人の収入に関係なくお金を借りることができるのです。しかし、本人に収入がないと申込めない銀行ローンがほとんどですが、専業主婦でも申込めるものがあります。しかし、配偶者である夫に安定した収入があることが前提条件となっています。銀行のローンは、消費者金融などの他のローンに比べて、金利が低いところが多いので、キャッシング専業主婦の人も、銀行のローンを検討してみるのも良いかもしれません。
アイフルの審査と特徴まとめ│申し込み前に確認すべきこととは?はこちら