医療機関の他に看護師求人が行われる職場とは

看護師が働く場所は、従来、病院を始めとする医療機関がほとんどでしたが、現在においては働く場所も多様化しており、それぞれにおいて看護師求人が行われています。まず、代表的なものとしては高齢者向け施設があり、介護料人保険施設や介護老人福祉施設、居宅介護支援事業所、社会福祉施設、介護付き老人ホームなど、様々なタイプがあります。
次に、産業看護師があります。業務に関しては企業の保健室が職場になり、社員に対しての健康管理や健康診断のデータ管理、保険指導を専門に行うことになります。3つ目としては、製薬メーカーがあり、ここでは、看護師の資格を活かして臨床試験い携わることになり、治験コーディネーターとして働くことになります。指定された病院内で患者の相談に応じたり、被験者に対して身体的・精神的な面からケアやサポートを行うことが主な仕事になります。
看護師求人は、医療機械メーカーからも行われています。医療機器メーカーでの業務は、主に、医療現場に専門的な情報を提供するテクニカルコーディネーターと、メーカーの社員に対してより専門的な情報を提供するクリニカルスペシャリストの2つがあり、製品販売の営業戦略や、場合によっては専門的な立場からの教育に携わる場合もあります。
看護師求人の中でもで新しいタイプとしては、他に、旅行や研修などに添乗しツアー参加者の健康管理を行うツアーナースや、イベントなどでサポートを行うイベントナースがあり、保育の手伝いも兼ねて、子供たちの健康管理やケガなどに対処をすることを目的として保育園が行うケースもあります。